11月の花レッスン

DSC_0455

早いもので11月になりました
来月はもう今年最後のレッスンです(汗)

大分寒くなってきましたが
冬のほっこり暖かい気分を表したくて
今月はウインターパステルの色合せです

土台は淡いブルーのフェルトで包み
キラキラのラメ飾りが付いた
白いボンボンで雪をイメージしました

でも今月のポイントは…
なんと言っても「薔薇の香り」
こればかりはブログでは伝わりませんね(涙)

白薔薇の[ブルゴーニュ]
淡ピンクの[ラ・シャンス]

もしお花屋さんで見かけたら
ぜひ、近付いてその香りを嗅いで欲しい
そしてできれば一輪でも買ってみて欲しい

姿・形だけじゃない花の美しさが
目には見えないけれど
そこはかと漂っています

10月の花レッスン

DSC_0447

長崎は秋の大祭「おくんち」が終わり
急に寒くなった様です

あんなに盛り上がっていた三日間
シャギリの音、人々の熱狂、出し物の囃子…
祭りの興奮が過ぎ去り街は静かになりました

ひんやりとした晩秋の風は
祭りのあとの寂しさとあいまって
この季節の風物詩かも知れません

さて、今月のお花のタイトルは
「オータムオブジェ」~お花で作る置物~
足もとの花器は植物の葉で作りました

紅葉~落葉と進んだら
落ち葉を集めて貼っても素敵です
自然界の造り出す色彩は
流れ行く季節の移ろいを宿しながら
私たちの前に落ちて来る

時の経過を感じさせられ
たまに侘しくなるお年頃だけれど(笑)
しんみりするのも味わい深い…ですよね!

9月の花レッスン

DSC_0438

9月になり花教室を再開しました

残暑が厳しいかも…と
今月は生花を止めて
フェイクフラワー(造花)です

お花と一緒にアレンジしたのは
フェイクの葡萄とりんご
秋の実りを感じさせるものにしました

ブルーグレイのブリキ花器は
アンティーク風の仕上げを施し
いかにもパリっぽくて一目惚れです

写真に撮り忘れましたが
渋いブロンズ色との2色あります

テープルカバーはパリ留学時代の品
長~く使いすぎて、洗いすぎて
鮮やかだったすみれ色が
いい感じに落ちてきました

生花の美しさに勝るものは
勿論、ないのだけれど
フェイクフラワーでしか出逢えない
花材の色や形も興味深く

これはこれで楽しい時間となりました
またレッスンしてみたいです

7月の花レッスン

DSC_0410

暑い毎日ですね
昨日は気温が体温より高い所もありました

このような状況で被災地の皆様には
復旧作業や仮設での避難生活と
厳しい環境が続いています
黙々と片付けるTV映像を拝見するたび
どうぞ一日でも早く日常が戻りますようにと
願わずにはいられません

ラヴィエラの7月レッスンは
いつもと少し雰囲気を変えて
黄色系と紫系の補色の色合わせです

反対色だからこそのインパクトは
夏ならではの組み合わせ
華やかなお花を生かすには
花器や敷物をシックにして引き締めます

タイトルは「エキゾチックな夏の花」
スタイリッシュなリゾートホテルのイメージです

6月の花レッスン

DSC_0404

今日はしとしと雨ですね
梅雨入りしてから
お天気の良い日が多かったけれど
夜中にまとめて降ったりして
そろそろ梅雨明けの前兆かも…

さて、6月のお花です!
例によって遅くなりました(涙)

今月は花器を使わず
土台のスポンジを葉蘭でカバーして
トルコキキョウやバラなど
白い花々を中心に入れています
奥や手前にはブルーベリーの枝もの
一番上に挿したオニソガラムが
涼やかさを感じさせてくれますね

退院後、元気に過ごしてますが
なにかと疲れやすく
ちょっと一服しないと
次の事に取りかかれない感じ

お花は正直ですね
私の心模様を写し出すみたい
凛としつつも安らぐお花を作っていました