令和元年

DSC_0620

いよいよ令和の時代が明けましたね

ゴールデンウィーク中でもあり
大晦日の様なお祭りムードや
令和商戦もあれこれ(笑)

初めての経験に戸惑いながらも
明るく穏やかに迎えられなによりです

ところで、「10連休」
皆様いかがお過ごしでしょうか

もっと記念すべき写真を
上げたいところですが…

目の前にあるのはスクスク伸びた庭木(涙)
刈らないとなぁ~と、ため息ついて

紅茶の砂時計をぼ~っと見てる私です

DSC_0623

写真展

DSC_0576

3月1日、朝から
袴姿の女子大生達とすれ違いました
今日は卒業式なのですね

さて、本日3/1(金)~3/5(火)まで
友人が写真展を開催中です
  場所・長崎市浜の町
     「コクラヤギャラリー」三階
  時間・10時~7時 (最終日は5時迄)

彼女がコレクションしてきた
アンティックドールや人形達が主人公で
多くの物語を語ったり
ステージで歌ったりしています(妄想です…)

まるで舞台役者さながらの立ち姿や
陰影をまとった魅力的な表情は大女優か!

草むらや石垣の横に
ちょこんと座る小さな妖精や
なんと長崎の街に現れ敵と戦う
ゴジラまでいます!(笑)

春を感じるこの週末
アカデミー賞ならぬプライベートフィルムで
貴女の物語を描いてみてはいかがかと
おせっかいにもお知らせしました

 ※写真のお花は彼女からのプレゼント
  会場の挿花をご注文頂きお届けしたら
  逆に大切に育てた沢山のお花を頂戴しました

DSC_0580

初稽古

DSC_0515

昨日は今年初のお茶の稽古日でした

普段は洋装で失礼していますが
昨日は叔母から譲り受けた和服を着ました

東京暮しの人らしい
江戸趣味の渋い品物を好んでいた様です

着物って不思議ですね
長い間手を通さずともまた着られる

他にもある着物や帯をみていると
その人の思いや人柄まで感じられます

初釜には少し地味でしたが
これもありがたいご縁

感謝して大切に纏っていきたいな

鏡開き

DSC_0514

本日、1/11は「鏡開き」
と言う訳で朝からぜんざいを炊いてます

毎年、年末最後のお茶お稽古日に
先生のお宅で頂くぜんざいが美味しくて
私も何度か炊いてみるのですが
中々上手くいきません

でも、ぜんざいは主人の大好物で
時々…いやしょっちゅう(笑)
友人お薦めの喫茶店に食べに行ってます

今日はお鏡餅を下げてぜんざいを頂き
お正月を締めるとしましょうか

鏡開きは関西では1/15日の所もあり
季節の行事や風物詩には
街の歴史や風土なども関係して

ブログ書いてたらピーッとタイマーの音が!!

慌ててお鍋覗き込んだら焦げる手前でした~!
急いでお水足しました 良かった~(汗&涙)
お砂糖、お砂糖っと…

ブログ書いてると
意外に時間が経っているものですね
なんでしたっけ…、
そうそう鏡開きは地方で違うって話

とか言って
15日にもまた食べてたりして…ね

ガラスの茶室

DSC_0497

三ヶ日も過ぎました
皆様のお正月休みはいかがでしたか?
私は佐賀へ行って来ました

吉岡徳仁 「ガラスの茶室」-光庵 展を
佐賀県立美術館まで観に出掛けたのです

飾りを廃した透明な空間…なのに
水の流れや風の音まで聴こえそうな
多くのイマジネーションに包まれました

最終日まで週末の数回は
お点前もふるまわれるとのこと
機会がある方は立ち寄られてはいかがでしょう

新年早々、緊張と安らぎ
同時に味わえる貴重な体験が出来ました

DSC_0492